So-net無料ブログ作成

横浜・二日目 [森鵰剣侠]

 後で分かったんだけど、たくいたが横浜でマジ怒られした日、高校時代の同級生は三重でマジ怒られしたらしい。

 でも、友人は言う、

 「夏はまだまだ長いねんから、もう一回くらい羽目外さなアカンで!」

 タフやな。僕にはそんなタフさはありません。

 そんな新選組副長助勤たくいたのブログへようこそ。



 翌朝、モリーニョとマンボちゃんと中華街で合流。

 昨日飲みすぎたせいか、頭が痛い。胸も悪い。完全な二日酔い。横浜に来る前は、二日目は鎌倉にでも行こうと思ってたんですが、この二日酔いじゃ無理。

 そして、モリーニョ。全所持金が8000円くらいしかありません。帰りのバスのチケットは未だ買ってません。コンビニで買おうとしたら、昼ごはんもジュースも買えないことが判明。大体、夜行バスは22時くらいに出発ですから、普通に大変ですね。

 でも、たくいた、モリーニョに奢る気無し!

 モリーニョに奢る金なんて、正直、死に金と一緒ですから仕方ありません。

 「僕が出してもいいですよ」

 優しいこと言ってくれるのは、モリーニョの義弟のマンボちゃん。絶対、モリーニョとマンボちゃんは、前世で夫婦やと思う。

 とりあえず、金券ショップで高速バスのチケットを買えば、もうちょっと安いチケットが見つかるかもしれません。

 中華街近くの金券ショップに電話を入れていくたくいた。

 横浜駅周辺から攻めるマンボちゃん。

 すると、ようやく横浜駅近くの金券ショップで見つかったので、三人で横浜駅に向かう。話を聞くと、朝、モリーニョは、バス乗り場に行ったらチケットを買えると思い、横浜駅に行っていたらしい。

 金も無いのに、アホです。金無いねんやったら、頭使って、骨身を惜しむな! ちゃんと調べてから横浜に来やがれい!


 道すがら、昨夜のたくいたの悪行三昧の報告を受ける。

 ひとつひとつ報告を受ける度に、凹む。

 「え? マジか? そんなこと言ってたか。うん、それは怒られても仕方ないね!」と、ひとつひとつの悪行にコメントするたくいた。

 「え? 本当に記憶ないんですか? たくいたさん」と驚くマンボちゃん。

 「え? 本当に覚えてないな、っていうか、岡崎先生と談笑してたところは覚えてるけど、そっからどぅいちゃんのプライベートトークまでの記憶が完全に無い」

 記憶が無いことより、”そんなこと言っちゃったの?” ていうことを言っちゃってる自分に驚きです。激しく自己嫌悪です。

 せめてもの救いは、セクハラと暴力が無かったことかな。


 ツイッターに、「舌噛んで死にたい」とつぶやくと、師匠から、「じゃ、死ね!」と返信が。

 「師匠、怒ってはるで~!」

 「怒ってはるね~」とモリーニョ。

 「で、そんなたくいたが暴走してたとき、モリーニョ、君は何してたん?」

 たくいたの突然の問いに、驚くモリーニョ。

 「え? 隊長が記憶に残らんくらいの酔い方してはったんで、後で隊長に報告しなアカンと思って、一語一句忘れんように、記憶することに専念してました」

 ドヤ顔で答えるモリーニョ。

 「止めようとは、せんかったん?」

 「はい、記憶することに専念してましたから!」

 「そんなとこで司馬遷になろうとせんでええから、止めろや! 『たくいた列伝』でも書いて、寸評が、やっぱりアホですって書く気やろ!」

 「いえ、列伝のほうでなく、本紀のほうです。王ですから」

 (こいつ、俺を”アホの王”やと思ってるな! くっそ~! くっそ~!と思うが反論できぬ……)

 後に、京都でこの日のことをネタにすると、酔って暴走するたくいたより、隣にいて止めようとしなかったモリーニョのことを 「ひどい!」 「本当に友達なん?」 「男気って彼には無いですよね!」 という反応が多く、意外と驚いた。地元では、たくいたよりモリーニョのほうが評判を落としてしまいました。世の中分からないものです。

 そう思うと、最悪な二人です。

 その日から、二日間、お詫び行脚です。

 でも、中には優しいお声をかけて下さる方もおられて、たくいた、感激です。

 次回は、モリーニョがやってくれると思ったんですが、先日、奈良でやってしまいよったんで不安です。


          

 
 
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。